設定

文字サイズ
標準
特大
背景色
標準

雑誌一覧

看護研究 The Japanese Journal of Nursing Research

  • 雑誌名ヨミカンゴケンキュウ
  • 購読状況継続中
  • 雑誌番号511
  • 発行頻度隔月刊
  • ISSN0022-8370
  • 国名コードJP
  • 言語コードJPN
  • 出版地東京都
  • 出版者医学書院
  • 雑誌コード02411
  • 価格1959

詳細を見る閉じる

雑誌該当件数:158件
  • 刊行年月日2022/06/15
特集記事
  • 特集 「ケアの意味を見つめる事例研究」の実践への拡がり

    「ケアの意味を見つめる事例研究」の実践への拡がりと今後の展望
    「ケアの意味を見つめる事例研究」の実践での活用と成果
    訪問看護における活用 ケアプロ訪問看護ステーション東京の取り組み
    院内継続教育プログラム──ラダーレベル別研修での活用 さいたま赤十字病院の取り組み
    退院カンファレンスにおける活用 台東病院の取り組み

    特別記事
    e-learningシステムを活用した教育介入──MOOC designに基づく研究設計

    ここが変わった! 先出し『APA論文作成マニュアル』原書第7版 改訂のポイント・3
    文章表現の進化

    若手研究者による若手研究者のための 英語論文執筆のTips・4
    投稿後のステータスの読み方

    Journal Club on Paper 看護研究に活かす 英論文をどう抄読し,何を学ぶか・5
    高齢者機能評価を用いた高齢がん患者とのコミュニケーション
    ──米国国立がん研究所地域がん研究プログラムによるクラスター無作為化比較試験
     (Mohile et al., 2020)

    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・24
    臨床と研究の循環をめざして
  • 登録番号96003954
  • 貸出区分禁帯出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数0
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2022/04/15
特集記事
  • 特集 批判的実在論とは何か

    批判的実在論と看護研究──科学と人間理解の新たな可能性へ
      I 批判的実在論の基本モデル
      II 批判的実在論の発想と推論のダイナミズム
     III 形態生成論アプローチとRealist Evaluation,批判的実在論のこれから
    看護学研究における批判的実在論の使用──文献検討から
    批判的実在論と看護研究について興味深い論文4選
    批判的実在論を学ぶ──看護研究者の立場から
    ソーシャルワーク研究に対し批判的実在論がもつ可能性──社会福祉研究者の立場から
    特別記事
    e-learningシステムを用いた研究
    ──研究目的でe-learningシステムを選定するときのポイントとピットフォール(後)
    ここが変わった! 先出し『APA論文作成マニュアル』原書第7版 改訂のポイント・2
    ターゲット(読者層)の変化と倫理的配慮の深化
    若手研究者による若手研究者のための 英語論文執筆のTips・3
    英語論文を投稿する──必要なプロセスとポイント
    Journal Club on Paper 看護研究に活かす 英論文をどう抄読し,何を学ぶか・4
    社会格差と多疾患併存,フレイル,障害による死亡までの移行
    ──ホワイトホール・コホート研究IIの24年間の追跡結果(Dugravot et al.,2020)
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・23
    看護職と看護補助者の協働推進に向けた研究を通して,最善のケアを提供するために
  • 登録番号96003876
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2022/02/15
特集記事
  • 特集 理論をつくる・つかう・つたえる
       ―実践にいきる理論構築に向けて
    理論構築の旅に出よう
    セッションA「つたえる」――看護現象を言語化する
    【解説】
     看護現象の言語化
    【事例】
     突然の事故により看取りとなった子どもの家族へのケア
    「わからない」を繰り返す学生が患者に必要な支援を見出すことについての考察
    【解説】
     対話的なリフレクションを通して現象をつかむ
    セッションB「つかう」
    B-1看護実践を説明する
    【解説】
     看護実践を説明する
    【事例】
     End of Lifeにおけるこどもセルフケア看護理論の活用
     B-2理論に基づいて看護実践・看護研究を行う
    【解説】看護理論に基づく看護実践・看護研究
    【事例】
     家族看護エンパワーメントモデルを用いた看護実践
      ―医療的ケアを必要とする幼児の在宅移行支援についての考察
     精神看護専門看護師によるせん妄患者に対する看護実践のセルフケア理論に基づく抽出
    セッションC「つくる」――概念をつくる・理論をつくる
    【解説】
     概念をつくる・理論をつくる
     【事例】
     看護師が実践する呼吸器ケアについての概念分析
      ―人工呼吸器管理を必要とする患者へのケアに焦点を当てて
     超高齢社会における介護予防の基盤となる理論開発への挑戦
      ―高齢者の「健やかな地域生活」モデルの考案
     状況特定理論構築への挑戦―DLWS理論の構築
     概念分析におけるテキストマイニングの可能性―KH Coderを例に考える
     理論構築のすすめ―これからも旅は続く
    特別記事
    e-learningを用いた研究
     研究目的でe-learningを選定するときのポイントとピットフォール(前)
    ここが変わった! 先出し『APA論文作成マニュアル』原書第7版 改訂のポイント・1
    全体の構成とレイアウトの変化
    若手研究者による若手研究者のための 英語論文執筆のTips・2
    海外ジャーナルの投稿ガイドライン
    Journal Club on Paper 看護研究に活かす 英論文をどう抄読し,何を学ぶか・3
    腎移植患者におけるフレイルと死亡率(McAdams-DeMarco et al., 2015)
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・22
    地域の人々の,その人らしい暮らしに伴走できる看護研究者をめざして
  • 登録番号96003781
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/12/15
特集記事
  • 特集 看護学研究の社会実装をめざして
       ―インプリメンテーション研究とデータサイエンスへの期待
    看護学研究の社会実装をめざして
    論文を通して学ぶ 看護学におけるインプリメンテーション研究
    リアルワールドデータとAIがもたらす看護研究のイノベーション
     ―電子カルテデータを用いた褥瘡発生予測の研究を例に
    医療情報部門の実務者が伝えたい 電子カルテデータの取得と加工に役立つスキル
    医療ビッグデータ概論―日本におけるビッグデータ研究の現状とこれから
    医療ビッグデータ「NDB」「NDBオープンデータ」をどう活用するか―NDBを用いた研究例を含めて
    若手研究者による若手研究者のための 英語論文執筆のTips・1
    なぜ英語で研究成果を発表する必要があるのか
    Journal Club on Paper 看護研究に活かす 英論文をどう抄読し,何を学ぶか・2
    地域高齢者におけるマルチモビディティ・パターン,フレイルと生存状況(Nguyen et al., 2019)
    Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・6(最終回)
    スウェーデンの暮らし―日本との違い 日常編&職場編
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・21
    1人ひとりの経験と見方を礎に,私たちの倫理観の形成をめざす
  • 登録番号96003724
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/12/15
特集記事
  • 特集 M-GTA その進化と展望
    【インタビュー】
    M-GTAの集大成とさらなる進化
    【座談会】
    M-GTAの醍醐味と可能性
     (1)それぞれのM-GTAとの出会いとその魅力を語る
     (2)M-GTA研究会がこれからめざすもの
    M-GTAを用いた研究の分析プロセスと思考のログ
    特別記事 
    博士課程で学ぶべきこととは何か 第23回EAFONSの概要とともに
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・15
    「50年後の看護のために何ができるか?」を忘れないために
  • 登録番号96003256
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/10/15
特集記事
  • 特集 国際学会におけるオーラルプレゼンテーション
       そのヒントと経験
    翻訳 国際学会におけるオーラルプレゼンテーションのエッセンス
    International Conference Oral Presentation Essence
    初めての国際学会口頭発表で得た収穫と反省
    国際学会におけるオーラルプレゼンテーションの経験と醍醐味
    プレゼンテーション力を鍛える国際学会発表
    EAFONS2021への参加とオーラル発表
    コラム EAFONSの代表になって
    Journal Club on Paper 看護研究に活かす 英論文をどう抄読し,何を学ぶか
    no.0 連載のはじめに 英論文抄読の意義とその進め方
    no.1 ICU看護師の職業性ストレスに対する教育プログラムの効果評価に関する
        無作為化比較対照試験(El Khamali et al., 2018)
    Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・5
    移民の問題とコロナ禍が浮き彫りにした健康格差
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・20
    運動器領域の看護実践へのこだわり東北という地へのこだわり
  • 登録番号96003569
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/08/15
特集記事
  • 特集 若手研究者が挑む 国際基準のエビデンス構築のための実験研究 徹底解説
    1.実験研究の基礎知識
    山上優紀
    2.看護学領域における実験研究の国際的動向
    山上優紀,大村優華
    3.実験研究に必要な要素
    山上優紀
    4.解説:実験研究を進めるプロセス
    山上優紀,植木慎悟,大村優華
    5.【実験研究の研究事例】
     5-1 実験研究の組み立て方――臨床での疑問を研究へ:スライディングシートを用いた体位変換の研究
     大村優華
     5-2 実験研究の連続性――エビデンスを積み重ねる意義:
     温熱刺激の効果を探る研究から静脈拡張時に用いる手技の効果を検証する研究へ
     山上優紀
     5-3 臨床での実験研究――臨床との関係性構築と研究手法の精錬:
     振動刺激による注射時の子どもの疼痛軽減をめざした研究
     植木慎悟
    6.【座談会】知識ゼロからはじめた実験研究の経験と醍醐味
    山上優紀,大村優華,植木慎悟
    特集関連記事
    投稿のための英文ジャーナルはこうやって探してみよう――研究成果を世界に広く発信するために
    植木慎悟
    特別記事
    キャリアヒストリー法の構築――看護職のためのヒアリングシートの開発
    池田雅則,池田法子,種村文孝,犬塚典子,柏木睦月,渡邊洋子
    Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・4
    看護職のキャリア形成とライフイベント
    加藤尚子
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・19
    医療情報学分野で花を咲かせる
    横田慎一郎
  • 登録番号96003486
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/06/15
特集記事
  • 特集 エビデンスを臨床実践に活かす挑戦
       ―JBIを契機とする臨床実践と研究者の協働
    1 EBPとは
    EBPとは――日本における現状と課題
    2 EBPに向けたシステマティックレビューの重要性
    2-1 なぜシステマティックレビューが重要なのか
    2-2 3大学の取り組みから考える
     大阪大学の取り組み
     千葉大学の取り組み
     大手前大学の取り組み
    2-3 大学院でシステマティックレビューを学ぶ必要性
    2-4 ガイドライン作成のために
     ガイドラインを作成する上でいかにシステマティックレビューが重要か
     ガイドラインの作成において質的システマティックレビューのもつ意義
    3 エビデンスを現場に実装していくために
    3-1 エビデンスを現場に伝えていくための「Recommended practice」
       ――『JBI:推奨すべき看護実践』の執筆を通して
    3-2 研究と現場との協働の試み
     看護基礎教育におけるEBPの入門教育の必要性
     臨床家にとってのEBPの意味とは
     感染管理認定看護師との抄読会――EBPにおけるその役割
    4 今後の展望
    エビデンスを臨床現場で活用し浸透させるためのタスク・フォース――日本のJBIセンターの役割
    Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・3
    看護教育と研究時間,ワークライフバランス
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・18
    国を超え,領域を超えて,持続可能な社会のために研究に取り組む
  • 登録番号96003397
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/04/15
特集記事
  • 特集 看護における混合研究法の進展
    看護研究者のための混合研究法――eラーニングシステムの構築とその意義
    混合研究法の教育および学習に関する先行研究の概観――包括的な文献レビューに基づいて
    看護分野における混合研究法教育の国際的現状
    混合研究法を用いた看護研究支援ツール(m-STAR21)の開発と展望
    特集関連記事
    Journal of Mixed Methods Research収載論文「Crossover Mixed Analysis in a Convergent
     Mixed Methods Design Used to Investigate Clinical Dialogues About Cancer Treatment
     in the Japanese Context」
    Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・2
    日本と異なるスウェーデンの医療システム
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・17
    私の研究—精神科におけるshared decision making
  • 登録番号96003370
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計1
  • 刊行年月日2021/02/15
特集記事
  • 量的研究の立場から
    計量的言語研究の現状と展望――検証型研究と探索型研究の界面
    石川慎一郎/抱井尚子
    質的研究の立場から
    質的研究の危うさ――私の経験から
    グレッグ美鈴/抱井尚子
    パネルディスカッション
    量的研究・質的研究の課題と展望,そして混合研究法の未来
    石川慎一郎,グレッグ美鈴,成田慶一,抱井尚子
    特別記事
    【修士・博士論文の出版の促進に向けた日本看護科学学会和文誌・英文誌の取り組み】
    『日本看護科学会誌』の取り組み――投稿のTipsを含めて
    宮下光令,河野あゆみ,春名めぐみ 43
    『Japan Journal of Nursing Science(JJNS)』の取り組み
    堀内成子
    特別記事
    ナラティヴ分析への誘い――看護研究における可能性
    宮坂道夫
    Ska vi FIKA? スウェーデンでの研究生活・1
    スウェーデンに行くまで
    加藤尚子
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・16
    研究者としての自分を形づくった「奇跡」
    吉永尚紀
  • 登録番号96003328
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計1
  • 刊行年月日2020/10/15
特集記事
  • 特集 ウィズ・コロナ時代の看護研究
       ―COVID-19は研究にどのような影響をもたらしているか 2
    COVID-19とヘルスリテラシー
    オンライン活用による研究の可能性――国際共同研究を中心に
    横浜市立大学成人看護学領域におけるコロナ禍での看護学教育の試み
    米国メリーランド州の現状と米国国立衛生研究所での対応
    スウェーデンのコロナ事情
    ●急性期看護における日常生活ケアの理論構築に向けた取り組み
    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・14
    たくさんの失敗を経て得たライフワーク
  • 登録番号96003201
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/08/15
特集記事
  • 特集 COVID-19は研究にどのような影響をもたらしているか
    COVID-19が看護研究にもたらす影響と対応
    COVID-19が看護研究にもたらす影響と対応
    東北大学大学院医学系研究科保健学専攻看護管理学分野のケース
    COVID-19が看護研究にもたらす影響と対応
    山形県立保健医療大学のケース
    コロナ禍でフィールドワークする〈身体知〉になる
    基礎研究への影響とその対応
    COVID-19がもたらす影響と大学院生の実情
    COVID-19が看護研究にもたらす影響と対応
    極限的な状況で再認識した研究活動の重要性
    COVID-19が突きつけた問い
    災いを転じられるか
    COVID-19の拡大による国際的なアカデミー活動と研究への影響
    COVID-19は私の研究に何を問いかけたのか
    若手研究者の立場から
    他領域の立場から
    COVID-19の影響と障害者就労支援のデザイン
    パンデミックを通過する
     フィールドサイエンスの危機とその克服の道程
    特別記事
    実践の事例研究で学ばれる事柄をどのように考えるか(後編)
    集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・13
    気になったところに飛び込み,人とつながる
  • 登録番号96003170
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/07/15
特集記事
  • 特集 看護実践に関する事例研究の査読基準を考える 「ケアの意味をみつめる事例研究」を中心に
    看護実践に関する事例研究の査読基準を考える
    「ケアの意味をみつめる事例研究」の開発を通して
    山本 則子
    看護学における事例研究の位置づけの現状と査読基準
    齋藤 凡
    哲学・臨床実践の現象学における査読基準と事例研究
    榊原 哲也
    人文・社会科学領域における論文査読基準について
    望月 由紀
    社会福祉学における事例研究の位置づけと査読基準の現状
    坂本 智代枝
    看護実践に関する事例研究のための査読基準の提案とその可能性
    山本 則子
    特別記事
    実践の事例研究で学ばれる事柄をどのように考えるか(前編)
    家高 洋
    研究者と臨床家がEvidenceを共につくるために-Evidenceと
     Evidence-based Practice の実現に向けた共通認識をもつ
    松中 枝理子,的場 圭,山田 絵里
    植木 慎悟,山川 みやえ
  • 登録番号96003089
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/06/15
特集記事
  • 特集 日本看護系大学協議会国際交流推進委員会企画
       Dr. Patricia A. Grady特別講演 Example of a National Research Model
    ■日本看護系大学協議会国際交流推進委員会企画
    Dr. Patricia A. Grady特別講演 Example of a National Research Model
    ■特別記事 
    介護予防をめざす医療介護給付データ分析と自治体・大学との研究協働
     ―南大阪医療介護(SOHA : the Southern Osaka Health and Aging)スタディ
    ■特別記事
    Explanation and elaboration paper(E&E) for the Guideline for
    Reporting Evidence-based practice Educational interventions and Teaching
    (GREET) 2016
    概説:根拠に基づく実践の教育的介入と教育の報告ガイドライン(GREET)2016
    ●インタビューデータ分析の質向上のためのNVivo活用術・4
    NVivoを活用した文献検討 文献整理ソフト「EndNote」との連携で論文執筆に活かす
    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・12
    社会のために何ができるか,誰を幸せにできるか 研究を通して考え続ける
  • 登録番号96002981
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/04/15
特集記事
  • 特集 看護研究における報告ガイドライン2
    報告ガイドラインの多様性と可能性
    友滝 愛
    ■看護研究で念頭に置いておきたい報告ガイドライン30
    MOOSE
    古閑 祐美,山路野 百合,大田 えりか
    ENTREQ
    那須 佳津美,深堀 浩樹
    PRISMA-ScR
    山縣 千尋,西川 裕理
    Reporting of stepped wedge cluster randomised trials:
     extension of the CONSORT 2010 statement with explanation and elaboration
    柏原 康佑,友滝 愛
    TREND
    奥村 朱美,友滝 愛
    Reporting to Improve Reproducibility and Facilitate Validity Assessment
     for Healthcare Database Studies V1.0
    横田 慎一郎
    SRQR
    小玉 淑巨,友滝 愛
    Best practices in the reporting of participatory action research:
     Embracing both the forest and the trees
    佐々木 吉子
    TIDieR
    山川 みやえ
    Developing and evaluating complex interventions: new guidance
    伊藤 奈央
    StaRI
    廣岡 佳代,松本 佐知子,深堀 浩樹
    The quality of mixed methods studies in health services research
    深堀 浩樹
    CARE
    野口 麻衣子
    ARRIVE
    仲上 豪二朗,峰松 健夫
    The AGREE Reporting Checklist
    須釜 淳子
    STARD for Abstracts
    佐藤 祐里
    TRIPOD
    佐藤 祐里
    SPIRIT-PRO
    川口 崇,宮路 天平,山口 拓洋
    MORECare
    宮下 光令
    CONSORT-SPI 2018 Extension
    大山 裕美子
    A checklist to improve reporting of group-based behaviour-change interventions/
     WIDER recommendations for reporting of behaviour change interventions
    重野 朋子
    mERA
    宮川 祥子
    CONSORT-EHEALTH
    真志田 祐理子,大河原 啓文,深堀 浩樹
    CHEERS
    佐々木 美絵
    SQUIRE 2.0
    奥山 絢子
    Developing a methodological framework for organisational case studies:
     a rapid review and consensus development process
    本田 順子,深堀 浩樹
    GREET
    友滝 愛,加藤 尚子,柏原 康佑
    木戸 芳史,本田 順子,深堀 浩樹
    STARE-HI
    米倉 佑貴
    Who is in this study, anyway?: Guidelines for a useful Table 1
    田中 雄太
    Reporting and Guidelines in Propensity Score Analysis:
     A Systematic Review of Cancer and Cancer Surgical Studies
    邱 士イ,山口 拓洋

    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・11
    見ているにもかかわらず,見えていないこと看護にとって自明なことを問う
    池口 佳子
    ●次号(5月号) 特集 Patricia A. Grandy特別講演 Example of a National Research Model
  • 登録番号96002872
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/02/15
特集記事
  • 特集 看護研究における報告ガイドライン1
    ■序 報告ガイドラインの意義
    中山 健夫
    ■報告ガイドラインの意義とその活用に向けて
    友滝 愛
    ■誰でも知っておきたい! よく使われている報告ガイドライン
    CONSORT CONSORT 2010声明:
     ランダム化並行群間比較試験報告のための最新版ガイドライン
    木戸 芳史
    STROBE 疫学における観察研究の報告の強化(STROBE声明):
     観察研究の報告に関するガイドライン
    友滝 愛
    PRISMA システマティック・レビューおよび
     メタアナリシスの報告における望ましい報告項目:PRISMA声明
    木戸 芳史
    RECORD 日々観察されて集められている診療情報を用いた研究の報告基準
    奥山 絢子
    COSMIN 健康関連尺度の選択に関する合意に基づく指針
    加藤 尚子
    COREQ 質的研究論文の統合基準チェックリスト
    萱間 真美
    ■報告ガイドラインは何が優れているのか
    具体的な活用場面から考える
    宮下 光令
    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・10
    自分だけの納得を超えて誰かのために
    江川 優子
  • 登録番号96002760
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2019/12/15
特集記事
  • 特集 拡がる看護研究の未来
    ■看護系学術分野の拡がりと今後の展望
    川口 孝泰
    ■これからの看護研究のために 主要学協議会の取り組みから
    日本看護系大学協議会の取り組み
    上泉 和子
    日本学術会議および日本看護系学会協議会の取り組み
    小松 浩子
    日本看護研究学会の取り組み
    宮腰 由紀子
    ■看護研究の歩みと展開
    疫学研究を軸にした自身の足跡からわが国の看護研究の方向性を考える
    牧本 清子
    現象学的研究における「根幹」と未来
    西村 ユミ
    現象学的看護研究の導入と新たな展開
    村上 優子,西村 ユミ
    ■対談
    看護研究の展開への期待と展望
    真田 弘美,川口 孝泰
    ■特別記事
    [特集関連]共著者ネットワークを用いた看護研究の動向分析
    今井 哲郎,川口 孝泰
    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・9
    教育・研究の20年間を振り返る
    水野 恵理子
  • 登録番号96002711
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2019/10/15
特集記事
  • 特集 実践と結びついた看護理論をつくる 状況特定理論をヒントに
    ■1.実践の知を看護理論へと導くために-状況特定理論の構築から考える
    1-1 状況特定理論とは何か
    濱上 亜希子/Dr. Eun-Ok Im
    1-2 状況特定理論の構築の実際-AIMS理論を例として
    渡邊 里香/Dr. Eun-Ok Im
    1-3 状況特定理論をめぐる質疑応答
    中西 永子/Dr. Eun-Ok Im,坂下 玲子
    1-4 多様な状況特定理論の構築例
    粟村 健司
    1-5 状況特定理論をめぐる動向
    坂下 玲子,小野 博史
    ■2.実践の現象を捉えるために-「できごとリフレクション」から考える
    2-1 ケアの価値を考える「できごとリフレクション」
    小野 博史
    2-2 現象を捉える「できごとリフレクション」の実際
    中西 永子,小野 博史
    実践と結びついた看護理論をつくるために
    坂下 玲子

    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・8
    教員生活10年間のTrajectory
    水田 明子
  • 登録番号96002631
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2019/08/15
特集記事
  • 特集 その研究を世界へ 国際学会で発表しよう2
    ■大学院生の国際学会発表を促進するために
    指導教員としての経験が浅い時期の試行錯誤を振り返って
    深堀 浩樹
    ■複数の国際学会発表から学んだ発表準備と英語学習の方法
    小玉 淑巨
    ■東京女子医科大学における国際学会発表の取り組み
    小川 久貴子
    ■初めての国際学会発表を通して感じたこと・学んだこと
    室矢 明日香
    ■収穫のある国際学会発表のために
    武村 雪絵
    ■国際学会発表の経験を修士論文に活かす
    質的研究における分析切り口の試行錯誤から学会発表に至るまで
    高橋 好江
    ■新たな研究の萌芽となる国際学会発表
    聖路加国際大学における経験
    堀内 成子
    ■EAFONS 2019におけるポスター発表から得たもの
    宍戸 恵理

    ■特別記事
    「転用可能性(transferability)」再考
     -「ケアの意味を見つめる事例研究」のために(後編)
    家高 洋
    ■SCOPE
    ヨーロッパにおける異文化看護分野の研究動向
     -European Transcultural Nursing Association に参加して
    齋藤 真希

    ●インタビューデータ分析の質向上のためのNVivo活用術・3
    概念間の関連の分析を深めてコアカテゴリをつくる
    萱間 真美/杉浦 寛奈
    ●集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・7
    実践者としての研究者をめざして
    深谷 基裕
  • 登録番号96002591
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2019/07/15
特集記事
  • 特集 臨床実践を研究につなげる
    ■特集1 「ケアの意味を見つめる事例研究」に臨床の現場で取り組む
    「ケアの意味を見つめる事例研究」を臨床看護研究の中で行なうことの意義(1)
      院内の共同研究者・教育担当者の立場から
    「ケアの意味を見つめる事例研究」を臨床看護研究の中で行なうことの意義(2)
      外部の共同研究者・支援者の立場から
    事例研究の実際
      安静指示のある脊椎疾患患者に提供された「あうんの呼吸」による看護
       -安静保持が難しい患者の事例から
     インタビュー
      実際に取り組んだ現場の看護師の経験1
      実際に取り組んだ現場の看護師の経験2
     コメント
     「ケアの意味を見つめる事例研究」開発者の視点から
    ■特集2 臨床研究の視点
     臨床研究への誘い
    『看護研究』誌公開収録セミナー
      臨床の素朴な疑問から,研究で使えるリサーチクエスチョンを立ち上げよう
     特別記事
     「手」を用いる看護技術の重要性を改めて問う
      ―女性の下肢の「むくみ」と用手リンパドレナージの効果に関する研究を通して
    「転用可能性(transferability)」再考
      ―「ケアの意味を見つめる事例研究」のために(前編)
  • 登録番号96002584
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0