設定

文字サイズ
標準
特大
背景色
標準

雑誌一覧

こころの科学

  • 雑誌名ヨミココロノカガク
  • 件名臨床、心理、療法、医療、診断
  • 内容人間の心理的側面から科学する
  • 購読状況継続中
  • 雑誌番号549
  • 発行頻度隔月刊
  • ISSN0912-0734
  • 国名コードJP
  • 言語コードJPN
  • 出版者日本評論社
  • 雑誌コード63956
  • 価格1328

詳細を見る閉じる

雑誌該当件数:69件
  • 刊行年月日2022/07/01
特集記事
  • 特集 貧困と孤立の臨床
       “つながり”の支援を考える
    巻頭に
    楽薬(らくぐすり)
    特別企画=貧困と孤立の臨床
          ――“つながり”の支援を考える       
     貧困と孤立と、こころの臨床
     貧困と健康問題――社会的処方の実践を通して考えること
     貧困と孤立の交差点で、子育て家族に“つながる”一手を考える
     貧困と「ほとんど破壊的といってよい精神状態」について
      ――児童養護施設から見えるもの
     貧困の中のそだち――非行臨床から考えること
     現代の貧困を考える
     つながりを求めて――高齢者医療と社会支援に想う孤立と孤独
     東日本大震災被災地の支援から考えること
     生活困窮者の支援から考えること
     子ども・親丸ごとサポートから見えること
      ――「まずはごはん!」から始める支援
     ファミリーホームの実践から考えること
      ――子ども支援は未来への投資
     ギャンブル依存症の支援から考えること
     不自由な脳からくる孤立と貧困、支援者に求めたいこと
    「貧しさ」と「豊かさ」について、精神科臨床で考えること

    論説
    総合病院で内科・外科に出向く精神科医が考えること
      ――リエゾン領域における不穏を例に

    特別寄稿
    ノルウェーのメディケーションフリー・トリートメントとリフレクティング・プロセス
      ――マグヌス・ハルトとの会話

    連載
    つながる気持ちはどこへ行く?――思春期の生きづらさとSNS(4)
      ゲームを取り上げると暴れてしまう子どもたち

    子どもから大人が生まれる時(15)【最終回】
     子どもはどんな世界を生きているのか

    逆境からのリカバリー ――「暮らす」「生きる」を支援する(8)
      変えられるものと変えられないもの

    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(7)
      J・M・ゴットマンの観察研究(4)
    医療という行動(6)
    「外来を受診する」という行動、「外来で診療する」という行動
    ほんとの対話
    大江美佐里/編『トラウマの伝え方』
    上田琢哉/著『カウンセリングを倫理的に考える』
    能智正博、大橋靖史/編『ソーシャル・コンストラクショニズムと対人支援の心理学』
    こころの現場から
    希望に耳を傾ける(ホームレス自立支援)
    性風俗で働く人たちの声を聴く(法律事務所)
    伝言板
  • 登録番号96003953
  • 貸出区分禁帯出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数0
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2022/05/13
特集記事
  • 特集 性をめぐる子どもの臨床
    巻頭に
    お世辞
    特別企画=性をめぐる子どもの臨床
    子どもの性を考える
    子どものこころと性の発達
    医学からみた性の発達と多様性
    青少年の性行動の変化を捉える
    社会の性愛観・恋愛観はどう変化してきたか
    子どもの性を育てる
    人権を尊重する包括的性教育
    子どもの性に対する養護教諭の取り組み
    性の多様性教育
    社会的養護における包括的性教育――児童養護施設を中心に
    障害のある子どもの性
    性に関する危機への支援
    子どもの性被害/性加害の臨床――「やりとりする力」を育てる
    性問題行動を示す知的障害・発達障害の青少年と保護者向けKeepSafeの実践
    「性非行」のある少年・少女への支援……浅野恭子
    若年妊娠への支援
    エッセイ
    家族の中の「性」
    論説
    不眠治療の基本を改めて考える――薬の処方以前にできる生活の工夫
    連載
    子どもから大人が生まれる時(14) 「自分」に気づく時
    医療という行動(5)
    「誤診する」という行動、「誤診される」という行動
    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(6)
    J・M・ゴットマンの観察研究(3)
    逆境からのリカバリー ――「暮らす」「生きる」を支援する(7)
    自分を受け入れ、現実と向き合う
    つながる気持ちはどこへ行く?――思春期の生きづらさとSNS(3)
    ライブ配信でお金を使う子どもたち
    ほんとの対話
    金井剛・中西大介/著『子どもの精神科入院治療』
    レイ/編『セラピストのための子どもの発達ガイドブック』
    こころの現場から
    自己破産と生きがいと(法律事務所)
    それぞれの常識?(ホームレス自立支援)
  • 登録番号96003868
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2022/03/31
特集記事
  • [巻頭言]あなたが読んでくれているとしたら………熊倉陽介
    特集= 死について
    実ったトマトを食べなくてもいい………かわかみしんたろう
    死を思い、死を生きる………猪股 剛
    がんと精神障害の経験から………稲垣麻里子
    死にたいという名のこころの病………水道橋博士
    おばぁの死………相田恵美子
    棺桶に釘を打つ………カザマタカフミ
    絶望の果てに………鶴 幸一郎
    死を前に置いてみる………胡桃澤 伸
    座談会
    抗精神薬とエビデンス(前編)
     ………名郷直樹・鈴木徹士・石原孝二・高木俊介
    対談
    天使の沈黙………岩出拓十郎・柏崎祥大
    縁を紡いで生きていく………壽賀紘子
    見えない壁………松本 勉
    私の病名を知りませんか………小林エリコ
    いままでのこと これからのこと………田中 友
    あしたへ………高 宜良
    精神障害者の就労問題………みつや
    利用者にとっての働く、職員にとっての働く………才野結子
    コロナ・ペスト・精神医療………横田 泉
    遊びの最低条件は自由であること………乾 達
    薬のパンフレットを眺めながら………鈴木徹士
    この社会の「こちら側」と「向こう側」(後編)………稲岡 勲
    信じることと和太鼓と………藤井智美
    産まれてきてはいけない命ってあるの?………野田哲朗
  • 登録番号96003854
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2022/03/01
特集記事
  • 特集 誰かをケアする人のケア
       ―支援者支援を考える
    巻頭に
    主治医を失う時――患者医師関係
    特別企画=誰かをケアする人のケア――支援者支援を考える
    支援者やケアラーの傷つき、その対応
    支援者の孤立をほどく――ヤングケアラーの事例から
    支援者のストレスやトラウマとそのケア
    支援者を支えるコンサルテーションとスーパービジョン
    バーンアウトや共感疲労を防ぐ組織の工夫
    さまざまな現場から
    トラウマの臨床――リスクを知り、二次受傷を防ぐ
    患者の自殺に直面した治療スタッフのケア・ポストベンション
    新型コロナウイルス感染症対応における支援者のケア
    災害時の警察・消防の活動と支援者支援
    周産期のこころの支援者を支える――母子保健と精神保健の連携
    学校現場のメンタルヘルス――子どもに寄り添う教員へのケア
    死を意識したがん患者と向き合うこと――こころの危機から成長まで
    高齢者を介護する人の支援
    精神障害をもつ人をケアする家族の支援
    依存症当事者として支え合う
    論説
    被災地における中長期のこころの支援――精神力動的な観点から
    連載
    逆境からのリカバリー ――「暮らす」「生きる」を支援する(6)
      私について、私が知る
    医療という行動(4)
      「診断する」という行動、「診断される」という行動
    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(5)
      J・M・ゴットマンの観察研究(2)
    つながる気持ちはどこへ行く?――思春期の生きづらさとSNS(2)
      YouTuberやeスポーツプレイヤーになりたいと語る子どもたち
    子どもから大人が生まれる時(13) 子どもの言葉と大人の言葉
    ほんとの対話
    イールズ/著『心理療法におけるケース・フォーミュレーション』
    山口季音/著『児童養護施設の生活環境のダイナミクス』
    こころの現場から
    猫おじさん(ホームレス自立支援)
    非行少年たちの行く末に思いを馳せる(法律事務所)
  • 登録番号96003787
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2022/01/01
特集記事
  • 内容紹介
    一般的な心性として語られることもあれば、病的な現象として扱われることもある解離。その広がりと奥行きをさまざまな角度から考える。
    本号の詳細 次号予告
    巻頭に
    「無表情で無言」がゆるむとき……青木省三
    特別企画=解離に出会うとき       
    兼本浩祐(愛知医科大学精神科学講座教授)=編
    解離という現象
    解離って何だろう?――こころのパラレルワールドの謎
      ……王 百慧・黒木俊秀
    解離症のこころとからだ……柴山雅俊
    解離を脳から説明するとすれば……船山道隆
    「大文字の解離」概念に向けて……岡野憲一郎
    さまざまな解離
    SNSに現れるありふれた解離――「複数アカウント使い分け」をめぐって
      ……香山リカ
    思春期の解離(プチを含む)……山登敬之
    戦争体験者と解離……森 茂起
    心因性非てんかん性発作――蘇るシャルコー……兼本浩祐・尾久守侑
    臨床の現場から
    解離の治療とは何か――日常的な精神科臨床の現場から……野間俊一
    スクールカウンセリングの現場から
      ――「解離っぽい」ことの裏側にあるもの……岩宮恵子
    「解離かもしれない」と思ってみることの効用
      ――児童養護施設職員の立場から……内海新祐
    被害者支援臨床で、なぜ「解離性同一性障害」に出会わないのか
      ……新井陽子
    アディクション臨床の現場から……田中ひな子
    摂食障害治療という舞台に舞う解離……永田利彦
    被災地支援の現場から解離を考える……桝屋二郎
    論説
    醜形恐怖をもつ人が生きやすさを得るために――その病理と治療への導入
      ……松井徳造・松永寿人
    新連載
    つながる気持ちはどこへ行く?――思春期の生きづらさとSNS(1)
      「生きているのがつらい」とSNSでつぶやく子どもたち……関 正樹
    連載
    逆境からのリカバリー ――「暮らす」「生きる」を支援する(5)
      なぜ窃盗なのか……大嶋栄子
    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(4)
      J・M・ゴットマンの観察研究(1)……三田村仰
    子どもから大人が生まれる時(12) 子どもの推論……森口佑介
    医療という行動(3)
      「検査をする」という行動、「検査をされる」という行動……蒲生裕司
    ほんとの対話
    青木省三、村上伸治、鷲田健二/編『大人のトラウマを診るということ』
      ……田中 究
    野村俊明/著『刑務所の精神科医』
      ……安藤久美子
    小野真樹/著『発達障がいとトラウマ』
      ……酒井佐枝子
    山崎孝明/著『精神分析の歩き方』
      ……渡辺俊之
    こころの現場から
    最後は何もできないただの人として(法律事務所)……安井飛鳥
    本人の意思?(ホームレス自立支援)……三宅弘志
    伝言板
  • 登録番号96003754
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/11/01
特集記事
  • 特集 嫌悪 ネガティブな感情はなぜ生じるのか
    嫌悪とは何か
     嫌悪という感情
     嫌悪の医療人類学
     嫌悪の脳科学
     嫌悪の精神病理
    現代社会と嫌悪
     精神障害とスティグマをめぐって
     トランスジェンダーをめぐって
     人種・エスニシティをめぐって
     子どもの人間関係における「嫌われる・嫌いになる」経験
     人はなぜ「ドラッグ」を怖れ、嫌悪するのか
     原発事故による分断と嫌悪
    嫌悪が病になるとき
     怖れること、嫌悪することの意味―恐怖症と「自己嫌悪」を中心に
     嫌悪とPTSD
     嫌悪と強迫症
     摂食障害の彼女が嫌悪しているもの
    エッセイ
    チーム医療と心理アセスメント
    ――総合病院の心理職として考えてきたこと
      ……沼 初枝
    連載
    医療という行動(2)
      「受診する」という行動、「受診される」という行動
    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(3)
      二人のいつもの不幸なパターン
    逆境からのリカバリー ――「暮らす」「生きる」を支援する(4)
      塀の中と外はつながるのか
    子どもから大人が生まれる時(11)
      子どものメタ認知
    ほんとの対話
    田中 究 著
     『心理支援のための臨床コラボレーション入門』
    佐藤拓代 編著
     『見えない妊娠クライシス』
    こころの現場から
    もしも同じ星の下に生まれたら(ホームレス自立支援)
    みんなの苦しみと願い(法律事務所)
    伝言板
  • 登録番号96003672
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/09/30
特集記事
  • 特集 私のこもり方
    [巻頭言]私のこもり体験
    特集 私のこもり方
     ひとりで豊かにいきる
     私と君と引きこもり
     私は引き立てこもる
     お籠り生活の必需品
     八丈島の思い出と YouTube
    「災厄の日々」に捧げる「小さな花束」と「小さな手がかり」

    コロナ禍に思うこと
    『上』とか『下』とか
    【酒】になりたい!
    私は涙を流しながら皿を洗う
    「精神科医療と競馬賭博は等しい」という仮説のもと、
    ゲーセンの計bゲームで実験してみた
    アイス、オパール、祖母という人
    この社会の「こちら側」と「向こう側」(前編)
    家族の在り方
    情報を見抜く力
    けむりにつつまれて
    [エッセイ・詩・書評]
    病気なねずみのぼくらと日々と
    十二支になりたいバク
    「おでん」
    記憶に任せて
    ダーリンの進化論
    私の不朽の名漫画
    読者のひろば
    [連載]
    探偵日記(10) 突然失踪したご主人を捜した話
    読者の方々の質問に答えます!(12)
    対談]
    こころの花が咲くとき
    コロナ禍で精神医療・福祉の場はどないなってる?
    ――精神保健福祉士の立場から
  • 登録番号96003564
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/09/10
特集記事
  •  山本昌知の臨床作法
    座談会:先生と過ごした日々…松岡二三子・山本陽子・本田圭子・金田富子/塚本千秋(司会)
    座談会:切れないご縁に手を合わせる…山本昌知・高宜良・蓑島豪知/塚本千秋(司会)
    対談:自分の“ふつう”を見つけよう!…中川洋子(社会保険労務士)×山本昌知
    インタビュー:患者さんと歩んだ50年 聞き手:胡桃澤 伸(劇作家・精神科医)×山本昌知
    ESSAY:山本昌知を楽しむ、感じる
    山本先生は、宇宙人かもしれない… 星野概念(精神科医)
    尋常ならざるふつう…塚本千秋(精神科医)
    山本昌知という精神療法 …村上伸治(精神科医)
    「ひとひなりとも」 …高 宜良(精神科医)
    ゼロに身を置く …胡桃澤 伸(劇作家・精神科医)
    ともに生きる…田中和芳
    山本昌知先生から学んでいること…和迩健太
    ほか
  • 登録番号96003531
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/09/01
特集記事
  • 巻頭に
    抑うつ気分をともなう適応障害……宮岡 等
    特別企画=ドメスティック・バイオレンス       
    亀岡智美(兵庫県こころのケアセンター副センター長)=編
    DVとは何か
    あらためてDVとは何か……宮地尚子・清水加奈子
    DV被害者の精神健康状態を見立てるということ……加茂登志子
    児童虐待としてのDV……山下 浩
    法律から見たDV……有村とく子
    被害者の支援
    DV被害者の心理と経験過程――共通性と支援の視点……増井香名子
    DV被害者支援について――大阪府女性相談センターの取り組み
      ……山本容子
    DV被害者支援における警察との連携……櫻井 鼓
    DV被害者支援における看護の役割……長江美代子
    DV被害と面会交流の課題……山本 朗
    DVによるトラウマの治療……須賀楓介
    DVと社会
    コロナ禍のDV支援
      ――当事者のニーズに沿った支援に向けて……遠藤智子
    デートDVにみる支援と社会の課題
      ――個別支援からコミュニティへの介入へ……野坂祐子
    包括的支援としてのDV加害者臨床……信田さよ子

    エッセイ
    最近DVについて考えたこと……亀岡智美
    論説
    精神科領域における患者報告アウトカム・患者市民参画
      ……佐藤さやか
    新連載
    医療という行動(1)
      「医療」って何? 「行動」って何?……蒲生裕司
    連載
    逆境からのリカバリー(3)
      ハームリダクションという挑戦……大嶋栄子
    子どもから大人が生まれる時(10)
      子どもの色知覚……森口佑介
    精神分析と脳科学が出会ったら?(12)【最終回】
      精神分析と脳科学から紡ぎ出されるこころの科学……加藤隆弘
    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(2)
      カップルセラピーってなに?……三田村仰
    ほんとの対話
    一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 編
    『DV・性暴力被害者を支えるための はじめてのSNS相談』
      ……菅原亜都子
    鈴木康広 監修『砂の癒し・イメージ表現の力』
      ……上田琢哉
    こころの現場から
    「考えても仕方ないと思うようになりました」(精神科訪問診療)
      ……青木 藍
    もがき続ける日常の中で(法律事務所)……安井飛鳥
    伝言板
  • 登録番号96003505
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/07/01
特集記事
  • 特集 高齢者の暮らし・こころ・居場所
    巻頭に
    ところで、と切り替える
    特別企画=高齢者の暮らし・こころ・居場所       
     高齢の人のこころに変化が生まれる時
     超高齢社会を生きる――孤立・孤独を超えて
     高齢者の暮らしと社会的処
     認知症のある人が社会に居場所を取り戻すための3つの提言
     対話からみえた認知症とともに生きる人への支援
     知的障害がある人の認知症と支援
     統合失調症のある高齢の人について思うこと
     訪問看護の現場で出会う依存症のある高齢の人への支援
     高齢の人への支援と訪問診療
     いわゆるごみ屋敷にいる人への対応と支援
     自殺や心中を図った高齢の人への支援
     万引きなどの犯罪をしてしまう高齢者の背景と支援
     ひきこもる子と暮らす「8050問題」家族への支援
     高齢の路上生活者の支援
      ――社会モデル実践としてのハウジングファースト
     高齢者に現れるトラウマ反応
    論説
    社会的養育のこれから
     ――子どもの目線に立ち、声を聞く、子どもとともにある社会へ
    新連載
    カップルセラピーは夫婦を危機から救えるか(1)
     夫婦(カップル)の危機!?
    連載
    子どもから大人が生まれる時(9)
     マシュマロテストと子どもの環境
    逆境からのリカバリー(2)
     誰もが共に働くこと
    精神分析と脳科学が出会ったら?(11)
     「死の欲動」の彼岸
    ほんとの対話
    吉川 徹『ゲーム・ネットの世界から離れられない子どもたち』
    前田正治、桃井真帆、竹林由武 編著『遠隔心理支援スキルガイド』
    こころの現場から
    施設職員が退職をするとき(児童養護施設)
    「来てもらう必要なんかないのよ!」(精神科訪問診療)
  • 登録番号96003431
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/05/01
特集記事
  • 巻頭に
    からだことば……福田正人
    特別企画 思春期のこころとからだ 山登敬之 編
    対談
    人生における思春期とは……小倉 清・山登敬之
    思春期のみかた
    心理臨床からみた思春期のこころとからだ……黒沢幸子
    すべてのモードを「思春期」に置き換えること……斎藤 環
    現代の思春期
    思春期とインターネット
      ——SNSの利用を中心に……濱田祥子
    10代の薬物乱用・依存……松本俊彦
    女の子の思春期の問題(を作ったのは誰か)
      ……鴻巣麻里香・鴻巣桜子
    「高校生らしさ」って何だろう
      ——思春期の自己肯定感をめぐって……すぎむらなおみ
    思春期のこころとからだを診る
    医療の中の子どもと家族
      ——小児医療から成人医療への移行支援……上別府圭子
    起立性調節障害と不登校
      ——児童精神科医から伝えたいこと……井上勝夫
    不登校と睡眠——「朝、起きられない」を考える
      ……関 正樹
    思春期の発達障害を診る……井上祐紀
    思春期の摂食障害——体重を増やせば治りますか?
      ……深井善光
    被災地に生きる10代とともに……福地 成
    論説
    産業領域におけるパワーハラスメントの理解
      ——被害者、行為者、組織の心理……松本桂樹
    新連載
    逆境からのリカバリー
      ——「暮らす」「生きる」を支援する(1) 愛着形成をどう支えるか
      ……大嶋栄子
    連載
    子どもから大人が生まれる時(8)
      子どもは人間と犬を平等に扱う……森口佑介
    精神分析と脳科学が出会ったら?(10)
      「死の欲動」の生物学的起源……加藤隆弘
    そだちとそだての道しるべ(13)
       【最終回】逆境を生きぬく子どもたち……笠原麻里
    ほんとの対話
    日本心理劇学会 監修、土屋明美、茨木博子、吉川晴美 編著
      『心理劇入門』……武井麻子
    大石 智『認知症のある人と向き合う』
      ……黒川由紀子
    西園マーハ文『対人援助職のための精神医学講座』
      ……東 千冬
    こころの現場から
    体験のアレンジャーとして(児童養護施設)……楢原真也
    「こうしていてもダメだと気づきました」(精神科訪問診療)
      ……青木 藍
  • 登録番号96003357
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/03/31
特集記事
  • [巻頭言]「私のひとりごと」………山﨑ナナ
    [特集]からだからの声を感じる
    シークワーサー味のあめちゃん ………星野概念
    前を向いて歩こう ………宮下幸樹
    いろいろシンドイ私の身体 ………後藤明夫
    コロナ禍をからだに聞く ………胡桃澤 伸
    [対談]
    〝自助〟の鎖につながれて ………小林エリコ・小林美穂子
    〈対談を終えて〉鶴 幸一郎(企画・司会)
    こころの緊急事態にどう応えるか ………木田塔子
    精神科と便と私 ………鈴木徹士
    「おいしさ」の向こうへ ………石川達也
    無計画人生 ………鈴木晴喜
    私と働き ………ひまこ
    花の歳時記 ………細川風緒
    「生きづらいとき」を凌ぐ ………石川裕子
    ひとりカラオケ ………キラキラ囃子
    統合失調症の呪縛から逃れて ………ねむりー
    家族支援について思うこと ………橋本清明
    心の声 伝えるのが苦手です ………塚本堅一
    頭の中の車椅子 ………北 あかり
    私たちは声を聞くことができるのか ………松本葉子
    「雨」と「傘」と「濡れる」の関係 ………中村ユキ
    コロナ・ラプソディ ………野田哲朗
    知的障碍といのち ………山中康裕
    森喜朗会長発言に思う ………大島 新
    「寂しいんです、ぼく。」サワダ君の場合 ………久野充敬
    蛇口の向きは虚無の入り口 ………津口在五
    精神医療と暴力〈後編〉 ………高木俊介
    『月』に吠える〈後編〉 ………横田 泉
    差別する側、される側 ………高 宜良
    [エッセイ・詩・書評]
    病気なねずみのぼくらと日々と ………らくぼろ
    transcript ………赤城なつくさ
    読書のひろば『世間のひと』 ………横田 泉
    [連載]
    探偵日記(9) ヤンキーとお墓を探した話 ………重川 亮
    アル中ソーシャルワーカー誕生秘話Part(7) ………小林 博
  • 登録番号96003356
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/03/11
特集記事
  • 特集 大人の愛着障害
     
    巻頭に
    小さい知識と大きな理念
    特別企画  大人の愛着障害       
    成人における愛着障害を考える
     臨床現場における成人期の愛着障害
     愛着障害、発達障害、複雑性PTSDをどう考えるか
     臨床に活きるアタッチメント研究の知見
    精神科臨床と愛着障害
     精神科臨床における大人の愛着障害
     君たちはどうグレるか―愛着に問題を抱えた少年たちのその後
     日々の診療の中で安心を提供する
     スタッフ全体で「安全基地」になる
    さまざまな取り組み
     思春期臨床の立場から―アタッチメントシステムと「安心の場」
     地域の支援から考える―生活支援・就労支援を中心に
     地域の母子支援活動
     個室と愛着
      ―「大人の愛着障害」と名指さないためのハウジングファースト
     愛を乞う人―グループホームの実践から
     依存や自傷の臨床
    エッセイ
     大人の愛着障害
      ―等身大の自分を認め愛おしむとき拓ける新たな次元
     乳幼児期のアタッチメント不全と大人のメンタルヘルス
     大人一歩手前の愛着障害
     人はなぜそれを愛着障害と呼ぶのだろう
    講演
    よい心療内科医・精神科医の見つけ方
    連載
    そだちとそだての道しるべ(12)
     思春期の子どもが不登校になったとき
    メンタライゼーションとは何か(13) 【最終回】
     メンタライゼーションの意義と価値
    精神分析と脳科学が出会ったら?(9)
     フロイトによる性欲論の展開
    子どもから大人が生まれる時(7)
     子どもの注意・大人の注意
    もう一度カウンセリング入門(8) 【最終回】
     みずからの実践を振り返る
    ほんとの対話
    藤山直樹、笠井清登/編著
     『こころを使うということ』
    伊藤宗親/編
     『事例で学ぶ ロールシャッハ法入門』
    内海 健
     『金閣を焼かなければならぬ』
    こころの現場から
     子どもの傷つきと職員の慄きと(児童養護施設)
    「やはり先生たちに来てもらえませんか?」(精神科訪問診療)
  • 登録番号96003301
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2021/01/01
特集記事
  • 特集 コロナが変える社会とこころ
    巻頭に 場に引き出される子どもの姿
    特集 コロナが変える社会とこころ
     総論:新型コロナウイルス感染症が社会に与える影響とストレス
     学校・家庭の変化と子どものこころ
     コロナ禍におけるキャンパスライフの実際
     ギャンブル依存症の生活支援から見えるコロナ禍による変化
     コロナで何が変わったか―繁華街の精神科診療所からみる
     新型コロナ時代における産業保健と精神科外来医療
     在宅医療と新型コロナウイルス
     コロナが変える身体科診療の実態
     高齢者医療の現場から
     心理臨床の危機と回復
     北里大学病院における新型コロナウイルス対応―看護とメンタルヘルス支援を中心に
     COVID-19に対応する医療機関の現状―リエゾンナースの立場から
     精神科病院における新型コロナウイルス感染症対応
     コロナがあぶり出す変わらない私たちの社会とこころ
     虚構は崩れ物事の本質があらわになった、そして
    ■論説
     脳画像にみるポジティブ精神医学の可能性
    ■連載
    メンタライゼーションとは何か(12)
     メンタライゼーションに基づく治療(3)
    精神分析と脳科学が出会ったら?(8)
     反復強迫とミクログリアの活性化
    子どもから大人が生まれる時(6)
     子どもの嘘
    もう一度カウンセリング入門(7)
     カウンセラーを支えるご褒美
    そだちとそだての道しるべ(11)
     子どもが他者の視点に気づく時
    ■ほんとの対話
    林 直樹、野村 俊明、青木紀久子編『心理療法のケースをどう読むか?』
    スナイダー 『目に見えない傷』
    リーペレス ファビオ『ストレンジャーの人類学』
    ■こころの現場から
    人として、専門家として子どもに出会う(児童養護施設)
    「一緒に行くと時間切れになるんですよ」(精神科訪問診療)
    ■伝言板
  • 登録番号96003207
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/11/01
特集記事
  • 特集 児童相談所は、いま
    児童相談所とは
     児童相談所は何をするところなのか
     児童相談所の法的権限
     児童相談所の歴史から考える
     諸外国における児童虐待対応
    苦悩する児童相談所
     虐待通告受理から家族再構築に至る親子のケア―支援を拒む親もいるなかで
     一時保護所の役割―子どものアセスメントとケア
     児童相談所と措置先との連携―つなぎ、かかわり、支え合うということ
     子ども虐待の早期発見と親子の支援―地域の新たな取り組み
     障害のある親子への在宅支援から施設入所支援
     死亡事例から考える
     児童相談所とマスメディア
    児童相談所の未来に向けて
     改正児童福祉法等による児童相談所の体制強化等
     児童相談所職員の人材育成
     児童相談所を支援する組織
     児童相談所と市区町村との連携・協働・役割分担
    論説
    多文化共生社会に向けたメンタルヘルス対策―椰子の実によせて
    特別対談
    トラウマインフォームドケアと環状島
    連載
    子どもから大人が生まれる時(5)
     子どもの想像と知覚
    そだちとそだての道しるべ(10)
     親離れ・子離れ
    精神分析と脳科学が出会ったら?(7)
     無意識を測るメソッドと出会う旅
    メンタライゼーションとは何か(11)
     メンタライゼーションに基づく治療(2)
    もう一度カウンセリング入門(6)
     相手の話を受け取る
    ほんとの対話
    工藤潤一郎『統合失調症臨床の経験』
    末木 新 『自殺学入門』
    兼本 浩祐『発達障害の内側から見た世界』
    こころの現場から
    小さな“奇跡”(児童養護施設)
    「知ってるよ、テレビでやってるじゃん」(精神科訪問診療)
    伝言板
  • 登録番号96003124
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/09/30
特集記事
  • [巻頭言]あなたらしく生きる……乾 達
    [特集](1)治療ってなんだ?/(2)好きなことをさがす
    [特集1]治療ってなんだ?
    心耕す分裂病のチカラ ………仲地宗幸
    ぼんやりな夢を抱く ………星野概念
    私の欲しかったもの ………和田靜香
    モチベーションの低い治療 ………後藤明夫
    医療が病気を治すとは限らない ………想田和弘
    作り上げる医療 ………竹内政治
    「自信」や「希望」こそが特効薬 ………佐藤光展
    社会復帰病棟からの退院 ………梅津 寛
    神出病院事件で考えたこと ………胡桃澤 伸
    治療についての私的考察………高 宜良
    【対談】
    ユル~く生きてもいいかしら!?………海老原 靖・山﨑ナナ
    [特集2]好きなことをさがす◇
    短歌と出会って ………深井克彦
    曲がったきゅうり ………カザマタカフミ
    「役」を育てよう ………下村拓也
    病気の花が咲いた日 ………景井由佳子
    遠くから聴こえてくるのは ………大川ふみ
    好きな場所がなくなったら大変だ! ………大池明日香
    「好きなことが見つからないなぁ」から「見つかった!」を
      促す治療って何だ? ………原田誠一
    とにかく、いろいろやってみた! ………中村ユキ
    私の見ている世界 ………ウルル
    私たちがこれまでやってきたことは、不要不急だったのだろうか?
     ………熊倉陽介
    共通言語の必要性と落とし穴 ………倉田めば
    ヤングケアラーのあなたへ ………五十嵐 大
    『月』に吠える〈前編〉 ………横田 泉
    無声の窮民 ………鶴 幸一郎
    伝統を読む ………石川達也
    落ちこぼれ元劇団員による「私にとって演劇活動とは何だったのか」
      ………藤井智美
    精神医療と暴力〈前編〉 ………高木俊介
    電気けいれん療法について患者の視点から考えてみる
      ………竹原叶恵
    [エッセイ・マンガ]
    病気なねずみのぼくらと日々と………らくぼろ
    各駅停車に乗って………青柳ちか
    なんとかなるさ………長谷川誠
    [連載]
    探偵日記(8) 娘と結婚式に潜入した話………重川 亮
    アル中ソーシャルワーカー誕生秘話 Part(6) ………小林 博
    読者の方々からの質問に答えます!〈番外編〉………高森信子
    読書のひろば]
    『誤作動する脳』………大矢英明
    『自分を殺す』………横田 泉
    [読者のひろば]
  • 登録番号96003100
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/09/01
特集記事
  • 特集 秘密と嘘―その深層
    秘密と嘘の心理学・社会学
    秘密と嘘の発達心理学―秘密をもてる能力、嘘をつける能力
    秘密と嘘をめぐる思春期心性
    医療人類学の視点からみた秘密と嘘
    医療・福祉現場における秘密と嘘
    提供配偶子をめぐる秘密と嘘
    被虐待児が抱える秘密と嘘
    嘘がつけない患者たち
    薬物依存症患者の秘密と嘘
    認知症臨床における秘密と嘘
    患者家族が抱える秘密と嘘
    エビデンスの秘密と嘘
    プロフェッショナリズムが揺らぐ時―秘密と嘘をめぐって
    精神(心理)療法における秘密と嘘
    精神分析療法における秘密と嘘
    治療共同体における秘密と嘘
    催眠療法における秘密と嘘
  • 登録番号96003049
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/07/01
特集記事
  • 特集 ひきこもりに現場で向き合う
    ●巻頭に
    「コロナの時代」を生き延びる
    【特別企画】ひきこもりに現場で向き合う
    ▼今、ひきこもりをどう捉えればよいのか
    「ひきこもり」という記号の限界
     ひきこもりに対するこれまでの支援と今後の課題
     ひきこもりに対する地域支援
     支援の枠組みに関するこの10年の変化
     地域精神保健の現場からみたひきこもりの現状と課題
      ―8050問題の本質を考える
     不登校とひきこもり
      ―学校が子どもたちを傷つけていないか?
     不登校からひきこもりへの移行
      ―その要因となるもの
    ▼エッセイ
    ゆきかきとこだま―居場所に佇む
    ▼「私」を見出し「明日」につなぐ現場の支援
    地域における困難事例の対応
     ―家族支援から当事者に向き合う
    「地方」でのひきこもり支援
     ―当事者と地域の強みを活かす就労支援
    8050事例を支援する
    医療現場で出会うひきこもり
    ひきこもり本人と共に生きる家族からの相談
    生きづらさを抱える人たちへのソーシャルワーク
     ―精神保健福祉士(PSW)として「そこにある」ことに向き合う
    ひきこもり地域支援センターにおける当事者のピア活動
    ■論説
    ためこみ症治療における動機づけを高める工夫
    ■特別対談
    トラウマと声・身体
    ■連載
    精神分析と脳科学が出会ったら?(5)
    「科学的心理学草稿」におけるこころの神経モデル
    子どもから大人が生まれる時(3)
     子どもは芸術家
    そだちとそだての道しるべ(8)
     非常事態の中で、子どもたちをいかに守るか
    メンタライゼーションとは何か(9)
     新型コロナウイルス時代のメンタライゼーション
    もう一度カウンセリング入門(4)
     言葉の意味
    ■ほんとの対話
    工藤晋平『支援のための臨床的アタッチメント論』
    渡邊拓也『ドラッグの誕生』
    福森 伸『ありのままがあるところ』
    ■こころの現場から
    施設職員の専門性とは(児童養護施設)
    「実はそれ、私が作ったんです」(精神科訪問診療)
  • 登録番号96002973
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0
  • 刊行年月日2020/05/01
特集記事
  • 本号の詳細 次号予告
    巻頭に
    「焼け跡」と未来の精神………福田正人
    ————————————————————————————————————————————
    特別企画       黒木俊秀=編
    ————————————————————————————————————————————
    子どものこころとインターネット
    ▼子どもとインターネットの世界
    子どもたちとインターネットとの出会い………石原一彦
    インターネット時代の子どもたちの「絆」………橋元良明
    ネット社会の関係病理——つながり依存といじめ問題………土井隆義
    インターネット・スマホが子どものこころと脳に及ぼす影響………椎野智子・友田明美
    ▼家庭や学校は、子どもにインターネットをどう教えるか
    子どものためのインターネット・リテラシー………坂元 章
    スマホと子育て………内海裕美
    ネット時代の教育相談、指導のあり方………竹内和雄
    インターネット時代の家族のあり方………藤川大祐
    インターネットを介した子どもと「性」の出会い………鶴田利郎
    障害のある児童生徒・学生へのICT活用………近藤武夫
    ▼インターネットやスマホの問題にどう対処するか
    子どもたちがネット犯罪、ネットいじめにあわないために………加納寛子
    ネット依存と不登校・ひきこもり………館農 勝
    ゲーム障害の予防と対策………中山秀紀・樋口 進
    スクールカウンセリングにみるインターネットの課題………嘉嶋領子
    ネット依存対策先進国の韓国に学ぶ………田中光晴
    ▼エッセイ
    パンデミックと「復活の日」………黒木俊秀
    ————————————————————————————————————————————
    論説
    多職種が連携するためにはダイアローグが必要——「未来語りのダイアローグ」を中心に………高木俊介
    ————————————————————————————————————————————
    連載
    もう一度カウンセリング入門(3) カウンセリングの会話………国重浩一
    そだちとそだての道しるべ(7) 友だちをもつことと社交性の発達………笠原麻里
    子どもから大人が生まれる時(2) 子どもと“科学者”………森口佑介
    メンタライゼーションとは何か(8) よそ者的自己(2)………池田暁史
    精神分析と脳科学が出会ったら?(4) 精神分析と母子分離………加藤隆弘
    ————————————————————————————————————————————
    ほんとの対話
    青木省三『ぼくらの中の「トラウマ」』………夏苅郁子
    大嶋栄子『生き延びるためのアディクション』………野坂祐子
    松嶋秀明『少年の「問題」/「問題」の少年』………坂本真佐哉
    秋津じゅん『再び話せなくなるまえに』………小嶋知幸
    山登敬之『わからなくても、こころはある』………石原孝二
    ————————————————————————————————————————————
    こころの現場から
    記録を残す者と残される者(児童養護施設)………楢原真也
    「ありがたい、ありがたい」(精神科訪問診療)………青木 藍
    ————————————————————————————————————————————
    SPECIAL ISSUE(2019.4〜2020.3)・総目次
    伝言板
  • 登録番号96002873
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計1
  • 刊行年月日2020/04/22
特集記事
  • 巻頭言]1つひとつの花の物語に目を向けて
      ……糸村 愛(らくぼろ)
    ________________________
    [特集](1)急がない治療/(2)カミングアウト
    ________________________
    ◇[特集1]急がない治療 ◇
    胆力のようなもの ………星野概念
    急がない治療 ………松本葉子
    「治療」する側、される側、『ひろば』での出会いから
    考えたこと ………高 宜良
    治せない医療 ………川村有紀
    「助けて…」のその後で ………かにゃんこ
    統合失調症を患ったお話 ………ひまこ
    主体性の回復をめざす ………想田和弘
    あなたは誰ですか、何ですか(A面)
      ………かわかみ しんたろう
    対話はいつも道半ば ………舘澤謙蔵
    カテゴライズの外へ ………木村友祐
    働くことと生きること ………鶴 幸一郎
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ◇[特集2]カミングアウト ◇
    夫の身内へのカミングアウト ………中村ユキ
    与えられた権威よりも個人的権威を ………引土絵未
    グレーゾーン生活 ………花菜子
    よりよい関係性を育てるために ………田中小茉莉
    母が統合失調症であることのカミングアウト
      ………瀬良垣りんじろう
    恥ずべき生などひとつもない ………木ノ戸昌幸
    画面越しの声を聞いた日 ………牧園祐也
    ________________________
    ■[エッセイ]
    なんとかなるさ ………岡田康成

    ■[連載]
    探偵日記(7) 白いブラウスのストーカー ………重川 亮
    読者の方々からの質問に答えます!(11) ………高森信子
    働くおばちゃん ………和田靜香
    ラグビーボールと処方せん ………鈴木徹士
    沖縄にユタを訪ねる旅に出た ………里中高志
    〈憑きもの祓い〉と当事者研究 ………村澤和多里
    自分を殺す ………石川達也 

    ■[インタビュー]
    あなたの「窓」を一緒にみつけよう! ………山中康裕
  • 登録番号96002876
  • 貸出区分7日貸出
  • 蔵書区分逐次刊行物 - 雑誌
  • 所蔵館別館(看護棟)
  • 配架場所 雑誌(別館)
  • 所蔵数1
  • 貸出可能数1
  • 予約数0
  • 貸出累計0